インナードライ肌って顔だけじゃなくて脇の下もなるの?

見た目がオイリー肌に見えても、皮膚の内部が乾燥している状態の肌のことをインナードライ肌といいます。肌の表面がベタベタしているので、その皮脂を取ろうとして、せっせと洗い流そうとする人が多いのですが、インナードライ肌の場合は、肌内部の乾燥を補おうとして、皮脂が過剰に分泌しているので、洗えば洗うほど、ますます皮脂が多くなってしまいます

 

インナードライ肌になると、毛穴に潤いがなくなるため、肌自体が硬くなってきます。健康な状態の肌の場合は、古くなった皮膚は角質となって剥がれ落ちて、新しく生成された皮膚と入れ替わるようになっているのですが、皮膚が硬くなると古い角質が剥がれ落ちなくなって、どんどん蓄積されていってしまいます。

 

オイリー肌やノーマル肌、インナードライ肌というと、顔だけのことのように思えますが、体中同じことが言えるので、脇の下も一緒です。腋の下の黒ずみが気になって、美白クリームなどを塗っていても、なかなか良くならない…というような場合は、脇の下がインナードライ肌になっている可能性があるので、脇の下も保湿するようにしたら改善されることがあります。