わきがになっているかチェック方法で確認してみる

汗臭いときのニオイは自分で気付くことがありますが、わきがのニオイは強烈な悪臭なのに自分では気付きにくくなっています。これは自分のニオイに慣れているという特性があるからで、臭覚疲労とよばれています。臭覚疲労が続くことによって、臭覚の疲労回復が行われなくなり、わきがのような悪臭にも気付きにくくなってしまうのです。また生活を共にする家族も悪臭に気付きにくくなっており、ニオイに慣れてしまったことの他に、家族も同じニオイを発生させているからです。

 

家族でも気付かないとなると自分で気付けるようにしなければいけません。そして自分で行えるわきがのチェック方法は、耳垢が湿っている・脇毛に白い粉・服の黄ばみ・ワキ汗の量・陰部が臭う・脇毛が濃いなどがチェック方法となります。耳にアポクリン腺が多くあると耳垢が湿ってしまいます。アポクリン腺はニオイの元となる汗を出すのですが、耳に多くあるということはワキの下にもあることになるので、耳垢が湿っているかどうかで確認できるのです。

 

下着や服に黄ばみが付くのは、ワキガの原因となるアポクリン腺によるものです。普通の汗でも黄ばみが付くこともありますが、ワキガの黄ばみのほうが色が濃いので分かりやすいのです。ワキガの人は脇毛が多い傾向にありますので脇毛が多い日とは要注意です。陰部にもアポクリン腺がありますので、陰部が臭うときはワキガを疑ったほうが良いでしょう。こうしたチェック方法で確認してみましょう。