授乳中の脇の脱毛の対応はエステとクリニックでは異なる

脇のムダ毛処理は、毛周期に合わせて施術が行われるため、ある程度の施術期間を要します。そのため、施術の途中で、妊娠・出産という経験をする女性も少なくありません。基本的に、エステでもクリニックでも妊娠中のワキ脱毛は行いません。しかし、出産後に関しては、エステとクリニックでは、脇のムダ毛処理に対する対応が異なります。特殊な光線を肌に当てる脱毛を授乳中に行って良いのか迷う人は多いです。母乳を飲ませている間は、プロラクチンというホルモンによって排卵が抑制されていて生理がありませんが、母乳を飲ませる回数が減ってくると排卵を抑制するホルモンよりも、排卵を促すホルモンが優勢になるため生理がきます。そのため、エステの場合、生理が終わった段階から脱毛を再開します。つまり、授乳中は脇のムダ毛処理を行いません。医療界では、授乳中の脱毛は母体にも赤ちゃんにも影響がないと考えています。したがって、クリニックでは、授乳中でも脇の脱毛を行ないます。クリニックでは、医師が施術を行うため、万が一のトラブルに迅速に対応ができる点が大きいようです。