脇の黒ずみの原因になる病気はどんな病気?

 

脇の下の黒ずみの原因のほとんどは、カミソリや毛抜きによるムダ毛の自己処理による肌の炎症と言われていますが、まれに病気が原因による黒ずみもあります。内臓の病気によって、皮膚の色が変わることもあるのです。

 

肝臓の病気が原因で、黄疸の症状が出ると皮膚が黄色くなるのは、一般にとてもよく知られていることでしょう。皮膚に黒ずみが出る場合は、内臓ががん細胞に侵されている可能性があります。黒色表皮種という病気は、うなじや脇の下が黒ずんでくるという特徴があります。黒ずむだけではなく、皮膚も厚くなってザラザラしてきます

 

この病気の症状が出ると、内臓にがんが見つかる可能性が高くなります。がんではなくても、糖尿病や肥満によるインスリン異常でも症状が出ます。インスリン異常で症状が出るのは、比較的年齢が若い人の場合で、40代を超えてから脇の下やうなじにに黒ずみが出てきたら、がんの可能性があるといえるので、病院での診察を受けるようにしましょう。