脇の下の毛穴がぶつぶつする原因を詳しく知ろう

脇の下の毛穴がぶつぶつになって、鳥肌のような状態になって悩んでいる女性が少なくないようです。脇の下の毛穴のぶつぶつは、誤ったムダ毛の処理が大きな原因と言われています。

 

寒いと感じると毛穴がぶつぶつになって、その状態を鳥肌が立っているといいますが、これは肌が緊張しているのが原因です。この場合は、寒さを感じなくなれば解消されますが、それ以外にも毛穴が埋まったり、詰まったりしてぶつぶつになる場合があります。

 

脇の下の毛を処理する時に、毛抜きで抜いたり、カミソリで剃ったりしていると、毛穴が傷ついて穴が埋まってしまうことがよくあります。また、脱毛後の肌のケアがきちんとできていないと、肌が荒れてしまいます

 

肌のケア以外にも、制汗剤にパウダーが含まれているものを頻繁に使用していると、パウダーが詰まってぶつぶつになります。脇のむだ毛を処理するのであれば、抜いたり剃ったりせずにエステシャンなどのプロに任せるのが一番ですが、金額が気になる方は、脱毛器を使うことをおすすめします。